大病院勤務か?診療所勤務か?

大病院勤務のメリット

医師として就職する際に悩むのが診療所と大病院どちらで勤務するかという点です。どちらにもメリットとデメリットがあり、それを考えたうえで決めなければなりません。
大病院で働くということはもちろん周囲の環境がハイレベルなので、確実にキャリアを積んでいきたいと考えている人におすすめします。学会などで有名な先生とのコネクションも作ることが出来ますし、後に開業を考えているのであれば大病院の方が患者さんを診る数が多いので開業後の患者さんも確保できます。
しかし、大病院勤務にはデメリットもあり、規模が大きいところは24時間診療を行っているところが大半ということもありどうしても生活リズムが崩れてしまいがちなので体力もとても重要です。

診療所勤務はどうなの?

それでは大病院と比べて診療所で働くことを考えているとメリットとデメリットはどのようなところがあるのでしょうか?
診療所勤務はどうしても大病院よりも給料が低めな傾向があります。
しかし、それと比べて営業時間が短いことから自分の時間をしっかり確保できるというメリットもあります。特に子育てがしたいなど希望を持っている人にはこちらがおすすめです。大病院勤務と比べると帰宅もあまり夜遅くになりませんし、夜勤と日勤を交互に繰り返すことによる生活リズムの崩れに関しても心配がありません。
また、規模が小さいので地域密着型の傾向が強く、患者さんも顔見知りということが多いことから人との会話も楽しみながら診療をすることが出来ます。

© Copyright Medical Referral Service. All Rights Reserved.